• スパークリングワイン
シャンパンの名家に生まれた、ジャン・ルイ・ドゥノワは「可能な限り良質のブドウを使い、規定などに制限されることなく、品質の良い製品をリーズナブルな価格で広めたい」というポリシーをもって家を出て、シャルル・ド・フェールの生産及び販売を始めました。1980年のことです。彼はシャンパーニュを離れることによって、シャンパーニュそのものを名乗ることを放棄し、良質のブドウをフランス各地から集め、高品質のヴァン・ムスーを造ることを目指しました。彼の進取に富む精神と、卓越したワイン造りは、彼が世に送り出した最初のヴァン・ムスーであるトラディション・ブリュットや、よりリーズナブルなジャン・ルイ・ブラン・ド・ブランに反映されています。